障害について知る

誤解を解いて発達障害を正しく知る|改善法で障害のない未来へ

医療機関での治療

医師

発達障害は、医療機関に相談することで、治療によって症状を緩和させることができるでしょう。医療機関では、発達障害を改善させるさまざまな学習を行わせることで、日常生活でも弊害が現れないようにトレーニングをさせることができます。応用行動分析学やTEACCHなどによって、行動によって起きる結果の因果性や、周囲を取り巻く環境について学ばせることで、物事における基本的な考えを持たせることができます。ほかにも、作業療法や理学療法によって、社会生活を行なう上で必要となる動作の訓練を行わせられるため、反復してこうした学習を行なうことで、生活を営む上での基本的な力を身に付けさせることができるのです。こうした学習におけるカリキュラムは、個人一人一人の障害の程度に合わせて組まれるものであるため、症状に合った柔軟な学習を行わせることで、負担なく治療を進めることが可能となるでしょう。

高機能性発達障害では、こうした子供の頃からの学習は必要ありませんが、好みの偏りがしばしば見られるため、社会的な一般常識が身についていない場合があります。医師に相談することで、自立訓練施設などから社会生活を送る上でのルールなどを学ぶことができるでしょう。高機能性発達障害は、一般の人のように雰囲気などから物事を察することはできませんが、繰り返し特定の状況を想定しての対応の仕方などを学ぶことで知識として一般的な振る舞いを学べるため、障害による問題を改善させることができるでしょう。また、近年ではこうした発達障害が、脳内物質の欠乏によってもたらされているとした研究も行われています。特定の薬剤がこうした発達障害による症状を抑えるという報告もされているため、医師に相談することで効果的な薬を処方してもらうこともできるのです。