障害について知る

誤解を解いて発達障害を正しく知る|改善法で障害のない未来へ

低機能性の障害

心と鍵

発達障害には、大きく分けて高機能発達障害と低機能発達障害の二つが存在します。日常生活に支障がない発達障害を高機能発達障害といい、主にADHD、アスペルガー症候群、LDといった障害がこの障害に含まれます。これに比べ、低機能発達障害は知能指数が七十以下である人が分類する知的障害であり、高機能発達障害とは違い社会生活を送る上で大きな弊害が現れます。軽度の知的障害であれば、食事や排泄、コミュニケーションなども問題なく行なうことができますが、一部会話などで弊害が現れることがあるので、簡単な語彙を用いることでしか、意思疎通を測ることはできないことがあります。中度の障害となれば、生活のあらゆる面で弊害が現れるようになり、ここから重度や最重度となれば、一人で行動を起こすことができなくなるため、周囲の人が食事や入浴といった世話を行なう必要があるのです。こうした知的障害は、多くの人がそのままの状態で過ごすのだろうと考えるものです。しかし、繰り返しの学習により、症状を緩和させることもでき、最重度の知的障害を持っていたとしても学習によって意思疎通を行なって根気よく学習を行わせることが重要となるでしょう。

低機能発達障害の中にはダウン症による症状も挙げられます。ダウン症は染色体異常によって起きる先天性の障害であり、その症状には多くの特徴があるのです。まず、ダウン症となった人は、他の人に比べ筋肉の発達において未熟である場合があります。自分の姿勢をきちんと保てないほど筋肉が弱っているため、そのまま成長すると、日常生活も満足に行えなくなるでしょう。そのため、こうしたダウン症の症状が見られると、赤ん坊の頃からのトレーニングを行なうことで、成長した後はこうした症状が現れにくくなるのです。また、筋力以外にも骨格の未発達が見られるため、しばしばダウン症の子供は見た目が皆似通っているといった特徴を持っていることもあります。さらに、こうしたダウン症の人は知的障害を併発していることもあり、動作一つ一つが緩慢です。また学習の面でも遅れが目立つため、知能指数からもこのダウン症を判断する材料となるでしょう。知的障害と同じく、このダウン症は学習によって症状が緩和する場合があり、子供の頃から学習を行なう機会を設けることで、社会生活を問題なく行えるまで回復させることができるでしょう。