障害について知る

誤解を解いて発達障害を正しく知る|改善法で障害のない未来へ

代表的なADHD

伸び悩む

発達障害の中でも、多くの人が罹患している症状としてADHDによる症状が挙げられます。ADHDとは、注意欠陥多動性障害とも呼ばれる症状であり、通常の人に比べると特徴的な三つの症状が現れるとされています。ひとつは不注意であり、普通の人に比べ、集中力が持続しにくい特性があります。周囲で起きるちょっとした音や臭い、または不意に本人の目に留まったなんらかの物により、集中力が大きく削がれてしまうことでしょう。周囲のちょっとした変化に影響されやすい性質があるため、学習を行なう上で障害が生じてしまうのです。他にも、集中力を注ぐポイントが他の人に比べると極端な偏りがあることにより、周りの事を把握しづらくなることが考えられます。または別の事に気を取られるあまり、物忘れなどをしやすいのも特徴の一つと言えるでしょう。他動性があるのもADHDの特徴です。他動性とは、他の人よりも落ち着きのない点が挙げられ、学校や職場などで同じ席にじっと座っていられず動き回ったり、周りへしきりに視線を向けるなど、見た目として把握しやすい特徴となっています。会話の面でも自分の話したい事だけを一方的に話し、満足するとそれ以上の会話は行わないなど、人との会話でも弊害があることがあります。最後の特徴として衝動性が挙げられ、思いついた事があるとそのまま行動に移してしまうことがあります。感情のコントロールを行なう事を苦手としており、考える前に行動を起こすことで、周囲との確執を生んでしまうのです。この衝動性は金銭面での問題も度々起こし、衝動買いや金銭管理の甘さなどの影響があります。大人でADHD傾向をもつ人の中には高額の借金を背負う人もいるため、注意が必要となるでしょう。

発達障害であるADHDは、三つの症状を特徴として診断されることがありますが、必ず三つ全てに当てはまるというわけではありません。自閉症スペクトラムに含まれるADHDでは、症状の程度も個人差があります。不注意や他動性、衝動性についてどれか一つでも当てはまれば、ADHDとして診断されることもあるでしょう。また、ADHDには協調性運動障害と呼ばれる特徴的な症状が現れることがあり、この運動障害によっても診断されることが考えられます。協調性運動障害は極端な不器用さを表す症状と言えます。体を動かすスポーツが人よりも極端に劣っている事や、指先での細かな作業を行なう上で弊害が現れる事もあるため、動作を求められる作業などで大きな遅延や不正確さが顕著に現れるでしょう。こうした面からも、診断が可能となります。