障害について知る

誤解を解いて発達障害を正しく知る|改善法で障害のない未来へ

アスペルガーの特性

考える

現在、社会的にも障害として広く認知されてきている症状として、アスペルガー症候群が挙げられます。アスペルガーは自閉症スペクトラムに属する発達障害であり、通常の自閉症とは違いIQが通常の人とさほど変わらない点が特徴となります。アスペルガー症候群は、周囲とのコミュニケーションにおいて多くの弊害を持っているため、大人になってもこうした障害に悩まされる人は多くいるのです。周囲から見た特徴として、融通が効かないのでロボットのような人物であると思われる事が多くあります。また、相手からの皮肉や冗談を言葉どおりに受け取ってしまう事や相手への配慮を行わない発言をしてしまい、話している相手を深く傷つけてしまう事もあるでしょう。さらに、定型どおりの行動を好む性質にあるため、行い慣れた行動を延々と繰り返す傾向が考えられます。作業が進まないことや会話において論文を読み上げるような堅苦しい言葉遣いを行なうのも、発達障害を判断するポイントとなるでしょう。周囲の人に無頓着であるため、社会的なマナーをたびたび破ってしまうことや相手の感情を読み取ることができず、場にそぐわない行動を起こすなどを行なうため、集団行動を行なう上でしばしば目立つ存在となるのです。このアスペルガー症候群は、周囲の人から空気の読めない、身勝手な人物であると評価されるため、学校や会社といった集団の輪のなかで、いじめを受けることやグループからの疎外をされることが多くあるため、二次障害としてうつ病などを発症することがあるため、こうした障害特性を持っていることを早めに察知し、医師と相談しながら、どのように振る舞うべきかを知る必要があるでしょう。

発達障害の一つとしてアスペルガー症候群は、個人ごとになんらかの事柄に強いこだわりを示す場合があります。学校生活などでも、一方の成績だけが非常に優れている反面、他の教科は軒並み低いといったような極端な成績を出すことがあります。アスペルガー症候群は、自分が興味をもった事柄にのみ高い集中力や記憶力を発揮します。他の分野には無頓着であるといった特徴を示すものであり、無理やり別の教科について学ばせようとしても、他の人以下の点数しか取れないという事もあるのです。これはかの物理学者であったアインシュタインにも見られた傾向であり、幼いころはまったく勉強の出来なかったアインシュタインが、数学に触れることで天才的な才能を発揮したという逸話からも、このアスペルガー症候群の特徴が窺えます。特定分野で優れた結果を出すため、このアスペルガー症候群の傾向を持つ子供を教育する場合は本人の好む分野について自由に選ばせ、進学させるとよいでしょう。